トップ > 童話 > 狼と七匹の子ヤギ

童話


狼と七匹の子ヤギ


 昔、あるところに、お母さんヤギと七匹の子ヤギが住んでいました。末っ子の子ヤギはダウン症です。

 ある日、お母さんヤギは、街に出かけることになりました。
「最近は悪い狼がいるからドアを開けてはダメよ」
「大丈夫だよ、お母さん」
 子ヤギたちは、元気に返事をして、お母さんヤギは、出かけました。

狼と七匹の子ヤギ
 それからほどなくして、ドアをノックする音がしました。 「お母さんだよ、ドアを開けておくれ」 「お母さんは、そんな声じゃない」  狼が現れましたが、子ヤギは見破みやぶりました。  狼は、チョークを食べて、綺麗きれいな声で言いました。 「お母さんだよ、ドアを開けておくれ」 「お母さんは、そんな黒い足をしていない」  またも、子ヤギに見破られました。  狼は、小麦粉を足に塗り、再び現れます。 「お母さんだよ、ドアを開けておくれ」 「あ、本物だ」  子ヤギは、ドアを開けてしまいました。 「手こずらせやがって、お前ら、全員食べてやる!」  狼は、子ヤギたちを次々と食べてしまいました。最後に残ったのは、末っ子の子ヤギでした。 「お前はダウン症だから食べない」 「汚いってことですか?」 「違う」 「じゃあ何でですか?」 「お前は残って親孝行おやこうこうしてやれ、俺の子供もダウン症だ」  狼は、末っ子を残し、外に出ましたが、子ヤギたちを食べて満腹まんぷくになったので、すぐ近くで寝てしまいました。  その後、お母さんヤギが戻ってきました。 「お母さん、みんな狼に食べられちゃったよ」 「何てこと!」  お母さんは、ぐっすり眠っている狼を見つけ、お腹を押して、子ヤギたちを吐き出させました。 「お母さん!」 「おお、かわいい子ヤギたちよ」 「怖かったよ!」 「もう大丈夫、狼を懲らしめてやらなくちゃ」 「お母さん、狼さんが、僕だけ残して、親孝行しろって言ってたよ」 「だまされちゃダメ」 「でも」 「お父さんはね、生まれたてのあなたを守るために、狼と闘って死んだのよ」 「お父さんが・・・」 「そうよ、容赦しちゃダメ」 「それでも、狼さんを許してあげて」 「ダメよ!あなたは優しすぎるの!」 「どうして僕だけ残したか分かる?」 「・・・どうして?」 「狼さんの子供もダウン症だって」 「そう・・・」 「貴方たち、もうドアを開けない?」 「うん、開けない」 「狼さんを許してあげたい?」 「もちろんだよ」  結局、みんな狼を許しました。 「貴方たち、みんな優し過ぎよ」 「お父さん、なんて言うかな」 「許すでしょうね」 「お父さんも優し過ぎだ」 「同志の絆ね」




ツイッター


レビュー:#AR狼と七匹の子ヤギ
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://www.amazon.co.jp/おおかみと七ひきの子やぎ-よい子とママのアニメ絵本-ヴィルヘルム・グリム/dp/4834770303

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.