トップ > 童話 > ヘンゼルとグレーテル

童話


ヘンゼルとグレーテル


 ある森のはずれに、木こりと継母ままはは、それに、ヘンゼルという男の子と、グレーテルというダウン症の女の子が住んでいました。

 ある夜、空腹くうふくで寝つけなかったヘンゼルとグレーテルは、父と継母の会話を聞いてしまいます。
「食べるものがないんだから、あの子たちを森に捨てましょう」
「子供を捨てるなんて、考えられない」
 怖れたグレーテルは、ヘンゼルに相談します。
「どうしようお兄ちゃん」
「僕に任せておけ」
 ヘンゼルは、夜中に屋外で、白い小石をいっぱい拾いました。

 翌朝、一睡いっすいもできなかった父親が言います。
「ヘンゼル、グレーテル、よく聞きなさい。今日は森に行くよ。これは、お昼ご飯のパンだよ。一緒に楽しもうね」
 ヘンゼルとグレーテルは、森に捨てられることを知っていました。それでも、目を真っ赤にらした父親の言う通りにしました。

 森の奥に着くと、父親は、木を切りに行くと言い残し、二人を残して家に戻ります。
「お兄ちゃん、本当に私たち捨てられちゃった」
「お父さんの目を見たかい?」
「真っ赤だった」
「お父さんも必死だよ」

 そこへ、綺麗きれいな小鳥がやってきました。
「わあ、綺麗な小鳥」
「グレーテル、家には戻れるから、少し森で生活してみようか」
「お父さんとお母さんもそう願ってるんだよね」
「よし、あの綺麗な小鳥についていこう」
 二人は、綺麗な小鳥の後を追いました。

 すると、どうでしょう。お菓子でできた家にたどり着いたのです。
「お兄ちゃん、この家を食べようよ」
「ダメだよ、人の家だよ」
「えー、ダメ?」
「そう、勝手かってにそんなことしちゃダメだよ」
 ヘンゼルは、玄関口に立ち、家の人にあいさつしようとしました。

 すると、家の中から、おばあさんが出てきました。
「ヘンゼルとグレーテルと申します。もしよろしければ、お菓子を分けていた
だけないでしょうか」
「どうぞ、お食べ」
「優しいんですね!」
「優しい・・・?」
 おばあさんは、少し驚きましたが、お菓子を食べる子供たちを鋭い目で見つめました。実は、おばあさんは、人い魔女だったのです。

「お兄ちゃん、美味しいね」
「うん、神様のご褒美ほうびだね」
「ヘンゼルとグレーテルや、家の中にも食べ物があるから、おいで」
「はい、おばあ様」
 魔女のご馳走ちそうを食べ、二人とも、満腹まんぷくで眠りについてしまいました。

 グレーテルが目を覚ますと、ヘンゼルがいません。
「グレーテルや、ヘンゼルは、大きな鳥かごの中にいるよ。食事を与え、太らせておやり」
「どうして?」
「私は、魔女だよ。お前たちを食べるつもりさ」
「分かりました」
「え?」
 グレーテルは、甲斐甲斐かいがいしく、ヘンゼルに食事を与えに行きました。
「お兄ちゃん、どうすればいい?」
「いいかい、グレーテル、僕はダメかもしれない。でも、君は助ける」
「どうやって?」
「隙を見て逃げよう」

 ある日、グレーテルが魔女の元に食事をとりに行くと、魔女は寝入っていました。その横には、鳥かごのカギが。
「今しかない」
 グレーテルは、意を決して、鍵を盗り、ヘンゼルの元に走りました。
「私、悪いことしちゃった。鍵を盗んだの」
「いいんだ、それは悪くない」
 二人は手に手を取って駆け出しました。

「お待ち!」  そこへ、魔女が飛んできました。 「私から逃げられるとでも思っているのかい?」 「グレーテル、僕が食い止める、逃げな!」 「嫌、お兄ちゃんと一緒にいる!」 「ダメだ!逃げろ!」 「兄弟愛だねえ。フフフ安心しな、私の胃袋で一緒になれるわい」  魔女が近づくと、ヘンゼルがグレーテルをかばいます。  まさに、ヘンゼルが魔女に食べられるという、その時、グレーテルがお父さんにもらったパンを持ち、言い放ちました。 「魔法でこのパンを人間に変えればいいのに」 「・・・」  魔女は、キョトンとしました。 「・・・気付かんかった」 「グレーテル、いいアイデアだよ」 「お兄ちゃん、逃げて!」  グレーテルは、パンを魔女の近くに放り投げ、ヘンゼルと共に、逃げ出しました。 「白い小石を頼りに走るんだ」 「お兄ちゃん、凄い。目印だったんだ!」 「言っただろ、僕はどんなことがあっても、君を助ける」 「あら? 小石が光ってる」  ヘンゼルとグレーテルは、立ち止まり、小石を拾うと、それが真珠しんじゅに変わりました。 「これ、真珠だ」 「凄い、これがあれば、お父さんとお母さんになんでも食べさせてあげられるわ」 「急ごう、魔女が追ってくる」  その時、森の奥から魔女の声が聞こえました。 「勇敢ゆうかんなる子供たちよ。もう怖れることはない。お前たちには負けた。それは褒美だよ」 「ありがとうおばあ様。長生きしてね」 「魔女に、長生きして、かい?」  綺麗な小鳥が空を舞います。 「グレーテル、お前こそ長生きしな。親孝行おやこうこうするんだ」  二人は、大量の真珠を抱え、家に戻ることができました。  父親が出迎えます。 「おお、戻ってきたか!本当に済まなかった」 「いいんだよ、お父さん」 「お母さんは?」 「奥で寝てる」 「病気なの?」 「あの日以来、何も食べてないんだ」 「これで、食事をあげて」  グレーテルが真珠を差し出すと、お父さんは驚きました。 「魔女に貰ったんだ」 「早速、食事を買いに行って来よう」  お父さんが出かけ、ヘンゼルとグレーテルは、母親の元に行きました。 「本当に済まなかったね。森に捨てるだなんて」 「森で魔女に会ったの」 「何かされたのかい?」 「食べられそうになったけど、色々あって、真珠をたくさんもらったの」 「真珠を?」 「うん、お母さんに、ネックレスを作るね」 「・・・グレーテル、なんて優しい子なの」 「捨てたことは忘れて」 「お母さんも必死だったんだろう」  ヘンゼルも、継母に言いました。 「お母さんの本当の気持ち、言わなくても解るよ」 「・・・(泣)」  継母は、ただただ泣くばかり。 「お母さんが亡くなる時、言ってた。・・・生まれ変わって私たちを救うんだって」  グレーテルが、実母のことを思い出していた。 「なあ、グレーテル」  ヘンゼルが、声を掛けました。 「なあに?」 「あの綺麗な小鳥、お母さんの生まれ変わりだったんじゃないか」 「・・・お母さん(泣)」 「不器用な人だったからな」 「・・・私、みんなに支えられてる」 「君が幸を呼ぶんだ」




ツイッター


レビュー:#ARヘンゼルとグレーテル
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/3331022.html

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.