トップ > 童話 > 一寸法師

童話


一寸法師


 昔々、山奥におじいさんとおばあさんがいました。
 二人には、子供がいなかったので、仏様にお願いしました。
「どんな子でもいいので、私たちに子供を授けてください」

 すると、親指ほどの小さなダウン症の男の子が生まれました。
 二人は、「一寸法師いっすんぼうし」と名付けました。

 それから、時は経ち、相変わらず小さな一寸法師は、都で働きたいと申し出ました。
 おじいさんとおばあさんは、一寸法師のために、刀の代わりに一本の針を持たせました。そして、お椀を舟代わりにして、川を下り、都に辿たどり着けるよう、祈りました。

一寸法師
 都に着いた一寸法師は、姫の警護役けいごやくになりました。  ある日、姫がお寺にお参りに行った帰り道、鬼に襲われました。他の警護役が軒並み倒される中で、一寸法師は鬼に飲みこまれてしまいました。しかし、一寸法師は機転きてんかせ、持っていた針の刀で鬼のお腹をチクチクと刺しました。鬼は、痛がり、一寸法師を吐き出しました。鬼は、腹痛ふくつうに泣き、逃げていきました。  すると、鬼は、何でも一度だけ願いの叶う「打ち出の小槌こづち」を落としていきました。 「大変!一寸法師さん、大怪我なさって。今、打ち出の小槌で怪我けがを治しますね」 「・・・ま、待って・・・」  一寸法師は、姫から小槌をさっと奪い取り、姫の怪我を治してしまった。 「い、いけません、一寸法師さん。私の怪我など・・・」  姫の怪我は完治したが、一寸法師は意識不明の重体。  一寸法師のおじいさんとおばあさんが都に呼ばれた。 「一寸法師や、刀を放しなさい」  おばあさんが、一寸法師から、針の刀を取り上げようとすると、一寸法師は、わずかに意識を戻し、言った。 「・・・姫を守らねば・・・」 「一寸法師さん・・・」  姫は、一寸法師の優しさに心を打たれた。  それから、一寸法師は、三年間意識が戻らなかった。その間、姫が甲斐甲斐かいがいしく薬を飲ませ養生していた。  姫は、自分を助けてくれた一寸法師に恩返しがしたくて、意識の戻らないまま、結婚式を挙げた。  姫が一寸法師にキスをすると、意識が戻った。  三年間も寝ていた一寸法師は、「寝る子は育つ」と言われるように随分背が伸びた。姫と同じくらい。 「貴方にふさわしい男になったかな?」 「ええ、もちろん!」  二人の結婚式は、盛大に執り行われた。  姫は、一寸法師の針の刀で、素晴らしい着物を作りました。一寸法師の分、おじいさんの分、それにおばあさんの分です。一寸法師はもとより、おじいさんもおばあさんも大喜びです。  姫は、一寸法師の針の刀をその後も大事にしました。  そのうち、二人には、なんと子供ができました。 「僕、ダウン症なのに子供ができるんだね」 「あら、仏様は、そんなおろかな差別はしませんよ」 「この子にも立派なべべを作ってくれ」 「ええ、貴方の刀で。・・・この刀を見る度に、貴方の勇姿ゆうしを昨日のことのように思い出します」 「僕は、この刀で作った着物を着る度に、君の優しさを感じることができるよ」 「おぎゃーおぎゃー」 「あら、貴方も嬉しいの?」 「これが幸せって言うんだね」  一寸法師は、しみじみ幸せを感じた。




ツイッター


レビュー:#AR一寸法師
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/12/01.htm

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.