トップ > 童話 > かえるの王さま

童話


かえるの王さま


 昔、可愛かわいいダウン症のお姫様がいました。お姫様は、泉のそばで、まりで遊んでいました。しかし、ふとした拍子ひょうしに、鞠を泉に落としてしまいました。そこへ、かえるが現れて言いました。
「鞠を拾ってきたら、お城に招いてくれますか?」
「もちろん」
 そういう訳で、かえるが泉に落ちた鞠を拾ってくれました。

かえるの王さま
 しかし、お姫様は言いました。 「お城に呼びたくない」 「え、どうして?」 「キモいもん」  かえるは、意気消沈しましたが、お姫様を追って、お城までたどり着きました。 「よし、到着とうちゃく」  かえるが、城の食堂に行くと、お姫様が言いました。 「ヤダ、きもい」  それを見た王さまが言いました。 「なぜかえるがここに?」 「・・・泉に落ちた鞠を拾ってくれた時に約束したの」 「姫や、約束は守らないとダメだよ」 「王子のように、魔法をかけられてしまうぞ」 「王子は、かえるにされてしまったんですよね」 「もしかしたら、このかえるが王子かも知れない」 「こんなキモいかえるが王子様な訳ないですわ」  食事を終えた、お姫様は、寝室で眠ろうとしました。  そこへ、かえるが訪れ、言いました。 「一緒に寝ていいですか?」 「ちょっと、やだー!」  お姫様は、かえるを掴んで、思い切り壁に投げつけました。 「ありがとう姫」  なんと、かえるが王子の姿に戻ったのです。 「王子様!」 「姫、久しぶり」 「ごめんなさい」 「君らしいや」 「キモいのはお互いさまでしたね」 「ふっ、君は十分可愛いよ」 「なぜ、魔女は王子様に魔法をかけたの?」 「君に真実を見抜く力を持たせるためさ」 「そんなことで、王子様に魔法を?」 「僕が望んだんだよ」 「王子様が?」 「君の将来のことを考えて、みんなで決めたんだ」 「全然見抜けなかった」 「そうだね、失敗だったかも。でも、いいさ、君のたくましさを垣間かいま見れたよ」 「約束破っちゃった」 「結婚してほしい」 「え?」 「結婚してほしいんだ」 「私、ダウン症ですけど」 「構わないさ」 「・・・こちらこそ」 「この約束は破っちゃダメだぞ」 「ふふふ」  こうして、お姫様は敬愛けいあいする王子様と結婚して、幸せに暮らしました。 「それでもかえるは苦手です」 「一生守るからね」




ツイッター


レビュー:#ARかえるの王さま
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://www.100deg-c.com/product/2803

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.