トップ > 童話 > 金太郎

童話


金太郎


 昔々、山奥に金太郎というダウン症の男の子がいました。

 金太郎は、山の動物たちと仲良しで、毎日、相撲すもうをして遊んでいました。
「はっけよい、のこったのこった」
「金太郎、頑張れ!」
 金太郎は、みんなに応援されますが、いつも負けてしまいます。体の大きな熊はもとより、小熊や猿にも負けてしまいます。でも、負けても、みんなに愛されています。

 ある日、大変な事態じたいが起きました。雨で川が増水ぞうすいし、多くの動物たちが川に流されてしまったのです。みんな必死にあがきます。助けに入った、力の大きな、熊や猿、牛に、馬、みんな流されていました。
「どうしよう、みんな死んじゃうよ!」
 リスや蝶々ちょうちょうなどは、どうすることもできず、ただただ心配するばかり。

 そんな様子を見ていた金太郎が叫びます。
「みんな、オラに力を貸してくれ!」
 金太郎は、増水した川に大木を倒して、橋をけようとしたのです。

金太郎
 小動物や昆虫のみんなも力を合わせ、みんなで大木を押します。 「ぐあぁ、あと少しだ!」  金太郎の掛け声の下、ついに大木が倒れました。 「みんな、木に登るんだ!」  金太郎は、倒した大木を渡り、多くの動物たちを助けました。 「金太郎、やればできるじゃん!」 「金太郎、本当にありがとう!」  みんなが金太郎にお礼を言います。  金太郎の功績こうせきは、都の偉いおさむらいさんの元まで知られることになりました。お侍さんは、金太郎を家来けらいに迎えようとしましたが、金太郎は断りました。 「亡くなった動物の友達もいます。僕は完ぺきではない。家族を失った山の動物たちのためにできることをしたいんです。ごめんなさい」 「いやいや、良いんだ。君は、山に残るべきかもしれない。再び増水しないように、堤防ていぼうを作らせよう」  堤防もでき、金太郎は、みんなから感謝されました。  金太郎は、増水で亡くなった動物たちの供養くようのために、立派な神社を建てました。  神社の真ん中には、土俵を作り、いつまでも笑いの絶えないみんなの社交場となりました。 「これでいい。みんなの笑い声が何よりの弔いになる」  金太郎は相変わらず、負けてばかり。優しすぎるんです。




ツイッター


レビュー:#AR金太郎
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://wakuwaku-wadai.com/archives/8860.html

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.