トップ > 童話 > ラプンツェル

童話


ラプンツェル


 昔、子供に恵まれなかった夫婦がいました。

 ある日、ようやく妊娠した妻が、言いました。
「赤ちゃんが動いてないの」
 検査に行くと、妻子共に命をあやぶまれる状態であることが判明はんめい。赤ちゃんがダウン症だったからです。
「赤ちゃんが死んじゃう・・・」
 疲弊ひへいした妻と赤ちゃんを救おうと、夫は問います。
「どうすればいいんだい?」
「ラプンツェルを食べれば大丈夫」
「しかし、ラプンツェルは、魔女の敷地しきちにしか生えていない」
「そうね、この子はあきらめるしかないのかしら」
「いや、大丈夫、僕が採ってくる」
 そうして、夫が、妻と赤ちゃんのために魔女の敷地に入り、ラプンツェルを摘み取りました。

 しかし、魔女が激怒げきどします。
「勝手にラプンツェルを採りおって許さん!」
「子供を無事出産させたいんです」
「そうかい。じゃ、ラプンツェルを渡そう。しかし、生まれた子は私がもらうよ」
「そんな・・・」
「さあ、どうするんだい? 子供を助けたいのか見捨てるのか」
「・・・分かりました。生まれた子は渡します」
 そうして、ラプンツェルのおかげで元気な赤ちゃんが生まれ、ラプンツェルと名付けられました。

「さあ、赤ん坊をお渡し」
 魔女がやってきて、ラプンツェルを連れていこうとしました。
「どうかラプンツェルを連れて行かないでください!」
 妻が必死に抵抗しますが、魔女にはかないません。
「ラプンツェル!」
 そうして、夫婦は、ラプンツェルを連れて行かれてしまいました。
 ラプンツェルは、魔女の敷地にある塔に幽閉ゆうへいされました。

ラプンツェル
 何年もの歳月さいげつが過ぎ、塔からは、ラプンツェルの美しい金髪が垂れ下がっていました。  ある日、近くの国の王子が、この髪をつたって塔に登りました。ラプンツェルが幽閉されていたことに驚きました。 「ここで何をしているんだい?」 「魔女に幽閉されているんです」 「いつから?」 「生まれてすぐです」 「何てことだ・・・」  王子は、ラプンツェルの魅力みりょくかれ、何度も塔に登りました。  やがて、ラプンツェルは、赤ちゃんを宿します。  しかし、それに魔女は激怒。 「お前は、なんて子だい!」  魔女は、ラプンツェルの髪を切り落とし、森へ捨ててしまします。  また、王子は、その顛末てんまつに絶望し、塔から身を投げ、失明しつめいしてしまいました。  それから数年経ち、王子が森をさまよっていると、美しい歌声が聞こえてきました。 「ラプンツェルの声だ」  王子は、胸を高鳴たかならせ、声の主に尋ねる。 「ラプンツェルだね」 「王子様・・・」 「やっと会えた」 「探してくれていたんですか?」 「そうさ、君無しでは、僕は廃人はいじん同然どうぜん」 「目をどうかされたんですか?」 「塔から身投げして失明したんだ」 「何てこと・・・」  二人は抱き合い、ラプンツェルの涙が、王子の目に入る。  その時です。 「おお、見える、目が見える!」 「治ったんですか?」 「ああ、君の涙で失明が治ったんだ!」 「何てこと!」  二人は喜びを分かち合い、抱き合った。 「この子が僕の子かい?」  王子が、二人の子供を抱き上げた。 「かわいいでしょ」 「うん、かわいい」 「あのね、一つお願いがあるの」 「何だい?」 「私の両親に会いたいの」 「たやすい御用ごようさ」  王子は、国に戻り、ラプンツェルの両親を探し出しました。  両親は、ラプンツェルと再会しました。 「おお、ラプンツェルや」 「お父さん、お母さん・・・」 「元気だったかい?」 「はい、子供も生まれたんです」 「子供?」 「はい」 「貴方あなた、ダウン症なのに子供が生まれたの?」 「あら、ダウン症だと子供が産めないの?」 「調べたけど、難しいそうよ」 「・・・どうして生まれたんだろう」  ラプンツェルと両親が悩んでいると、王子が言った。 「魔女がそうさせたのかも」 「魔女が・・・」  そこに、魔女が訪れた。 「これくらいの幸がないと不公平だろう」 「ありがとうございます」 「礼は要らないよ。その子たちも苦労するだろうさ。王子よ、守ってあげられるかい?」 「この命に代えても!」 「命を粗末そまつにするんじゃないよ」  魔女は、消え、温かい空気が流れた。 「物心ついた頃から色々教えてもらったの」 「魔女に?」 「言葉も生活に関することも、すべて」 「そうだったの・・・」 「魔女は、弱者には優しいと聞いたことがあります」 「ラプンツェルは、魔女を味方につけたのね」 「何でも一生懸命やるから好かれたんだよ」 「一生懸命やらないとできないんだもん」 「人徳じんとくね」




ツイッター


レビュー:#ARラプンツェル
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://cinema.ne.jp/article/detail/38956

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.