トップ > 童話 > 白雪姫

童話


白雪姫


 ある国に、「白雪姫」と呼ばれるあいくるしいダウン症の王女がいました。
 しかし、白雪姫の継母ままははである王妃は、自分こそが一番かわいいと思い、ねたんでいました。
「世界で一番かわいいのは誰だい?」
 継母は、魔法の鏡に尋ねると、鏡は答えます。
「それは王妃様です」
 王妃は、その答えを聞いていつも満足していました。

 しかし、白雪姫が 17 歳になった頃、王妃が鏡に問います。
「世界で一番かわいいのは誰だい?」
「それは白雪姫です」
 これに怒った王妃は、狩人かりゅうどに、命じました。
「白雪姫を森に連れ出し、殺してしまいなさい」
 しかし、狩人は、白雪姫を不憫ふびんに思い、殺さずに、森に残しました。

白雪姫
 森に残された白雪姫は、7 人の小人に守られ、一緒に生活することになりました。 「世界で一番かわいいのは誰だい?」 「それは白雪姫です」  この答えを聞き、王妃は、白雪姫がまだ生きていることを知ります。  王妃は、りんご売りに変装へんそうして、毒入りのりんごを白雪姫に渡します。  白雪姫は、何の疑いもなく、りんごを食べてしまいました。 「世界で一番かわいいのは誰だい?」 「それは白雪姫です」  りんごを食べて死んでいるのに、鏡の答えは変わりません。  一方、7 人の小人に見守られ、ガラスのひつぎに入れられた白雪姫。  そこに、王子が通りかかり、キスをしました。  その途端とたん、白雪姫は、のどに詰まっていたりんごのかけらを吐き出し、生き返ります。死んでいなかったのです。  王子は喜び、白雪姫を王妃に迎え、幸せな日々を過ごしました。 「世界で一番かわいいのは誰だい?」 「それは王妃様です」  ようやく、魔法の鏡の答えが「王妃」になり、喜んでいたのは、白雪姫の継母。彼女もまた、それなりに幸せな余生を過ごしたのです。 「争い事は嫌いです」  白雪姫は、いつでも優しく、クレバーなんです。




ツイッター


レビュー:#AR白雪姫
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://www.amazon.co.jp/白雪姫-ディズニーゴールド絵本-森-はるな/dp/4062625261

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.