トップ > 童話 > 竹取物語

童話


竹取物語


 昔、おじいさんが、カゴやザルを作るため、竹やぶで竹を取っていました。
 すると、一本の竹がぼんやりと光りかがやいていました。おじいさんは、光る竹を切ってみました。
 竹の中には、光り輝く、女の赤ちゃんがいたのです。
「なんとまあ、不思議なことが起こるものじゃ」
 驚いたおじいさんは、赤ちゃんを抱え、おばあさんの元に一目散いちもくさん。

 子供のいなかったおじいさんとおばあさんは大喜び。
「この子は、天のさずかりものに違いない」

 赤ちゃんは、不思議なことに、わずか三か月ほどで美しい娘になりました。
「見た目は立派な大人だが、まだ内心は子供のままじゃ」
 おじいさんとおばあさんは、娘の内面の未熟みじゅくさを痛感つうかんしていました。
 そうとは知らず、娘は、不思議な美貌びぼうの持ち主であると、評判になりました。
 また、うっすらと光り輝く様から、「かぐや姫」と呼ばれました。

 その不思議な魅力から、多くの若者が結婚の申し出をしましたが、かぐや姫は、ことごとく断りました。
 そうして、ついに、かぐや姫のうわさは、みかどの元にも広がりました。
 ダウン症の帝は、かぐや姫に宮廷きゅうていに来るよう求めましたが、かぐや姫は断りました。しかし、帝は、怒ったりすることなく、和歌を交わす仲になりました。

 それから三年余り経ったころ、かぐや姫は月を見ては涙を流すようになりました。
 心配したおじいさんとおばあさんがかぐや姫に尋ねました。
「どうしてそんなに悲しんでいるんだい」
「もしよかったら話してごらん」
 しかし、かぐや姫は光の玉のような涙を流すばかり。

 ある夜、かぐや姫はおじいさんとおばあさんに訳を話しました。
「お父様、お母様、実は私、人間ではないのです。あの光り輝く月の者です。次の満月の夜、月からの迎えが来るので、戻らなくてはなりません」
「なんと、それで光っておったのか!」

竹取物語
 帝に話すと、帝は、その満月の夜、二千人の家来けらいを集め、お別れのを執り行いました。 「かぐや姫は、月にいようと、我が友に変わりない。別れは悲しいが、月を見る度、かぐや姫のことを思い出すだろう。一生分の思い出を得た今、これ以上何を望もうか。元気に暮らせ」 「別れは、怖くありません。今まで、だましていたようで、本当にごめんなさい。私は帰らなければなりません。それに、私は、ダウン症です。帝も同じダウン症ということで、本当に勇気づけられました。帝、本当にありがとうございます。私は、ダウン症ということで、生まれてすぐ、人間界に放たれました。辛くはありません。皆さんに出会え、育てられ、立派な大人になれました。これが月流の子育てです。人間界で言うところの、かわいい子には旅をさせよ、ということです。旅は終わりました。お父様、お母様、最後に、これを受け取ってください。不老不死の薬です」  かぐや姫は、不老不死の薬を渡し、月へと戻っていきました。 「わしは、長く生きた。おばあさんにもかぐや姫にも出会えた。もう十分じゃ」 「私も、十分です。かぐや姫とおじいさんと一緒に楽しく暮らせました」  おじいさんとおばあさんは、不老不死の薬を飲むことなく、帝に託しました。  帝は、和歌にその心を読みました。   会うこともできず   こぼれる涙に溺れているようなわが身に   不老不死の薬など何の意味があろうか  帝は、かぐや姫に会えずに長生きをしても意味がないという考えでした。帝は、家来に問いました。 「かぐや姫のいる天に一番近い山はどこだ」 「駿河するがの山にござります」 「では、その山の頂で、この不老不死の薬を燃やしてほしい」 「しかし、あの山への登頂とうちょうは並みのことではありません」 「よし、私も行こう。二千人集めよ」 「御意ぎょい」  家来たち二千人と共に、帝は山の頂で、不老不死の薬を燃やしました。煙は、天高く舞い上がり、月にも達するほどでした。  帝は、あふれ出す涙を抑えることもなく、ずっと泣いていました。 「未来に会おう。君とならもう一度会える気がする」  流れ星が一つ、流れていきました。




ツイッター


レビュー:#AR竹取物語
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


童話の目次  トップページへ

画像の出典

  1. https://heianmagazine.com/literature/kaguyahimenomonogatari-taketorimonogatari

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.