トップ > 落語 > 明烏

落語


明烏


 ダウン症の息子を持った母親には、心配事がありました。息子の時次郎があまりにも堅物かたぶつすぎて、一切の遊びをしないのです。

 ある日、近所の遊び人に頼んで、居酒屋いざかやに連れて行ってもらいました。
 時次郎は、お酒を飲んだことがありませんでした。
 そこで、遊び人たちは、時次郎に、「お酒は長生きの薬だ」とか「大人になったら飲まないと運気うんきが落ちるぞ」などと言い、何とか居酒屋に連れ出した。

明烏
 お酒を飲み始めて、やっと真相しんそうに気付いた時次郎は、あわてて居酒屋を出ようとしますが、遊び人たちが言います。 「大門には、見張みはりがいて、勝手に出ようとすると袋叩ふくろだたきにされますよ」  おどかされた時次郎は、しぶしぶお酒を飲み続けます。  結局、夜を明かすまで、飲み続けた時次郎と遊び人。  しかし、時次郎がとにかく、酒に強い。酒豪しゅごうを相手に、遊び人たちは、完全に酔いつぶれてしまいました。そして、遊び人たちが千鳥足で帰ろうとすると、時次郎が言います。 「大門には、見張りがいて、勝手に出ようとすると袋叩きにされますよ」  遊び人たちは、そんな時次郎のタフさに降参こうさんしました。 「見張りなんていないよ。飲み終わったら勝手にお帰り」  時次郎は、満面まんめんの笑みを浮かべ、こう言った。 「今度お母さんと一緒に飲みたいな」




ツイッター


レビュー:#AR明烏
この作品のツイッターのレビューです。

ツイッターで、レビューを書いてもらうと、嬉しいです!


落語の目次  トップページへ

画像の出典

  1. http://sakamitisanpo.g.dgdg.jp/akegarasu.html

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.