リモート観戦パーティー

トップ > リモート観戦パーティー

第二話


 二〇一九年、アナと義助は、片田舎の支援学校の高等部一年生の生徒だった。二人は、幼馴染で、幼稚園の時から、小学校の支援学級、支援学校の中等部と、ずっと同級生だった。アナはダウン症で、軽度の知的障害があった。義助は、生まれつき左足の膝から先がなくて、左足に義足を嵌めていた。
「アナ、今度、商店街に新しくできたスポーツ用品店に行こうぜ」義助が、アナを誘った。
「いつものレストランのオムライスを奢ってくれるなら」アナが、答えた。
「本当に好きなんだな」義助が、呆れた。
「好きなのは、義助のことだよ」アナが、お茶目に言った。
「ハッハハハハ」
 実のところ、アナと義助は、お付き合いをしていて、よく商店街にデートに行っていた。

 アナと義助は、陸上部の生徒だった。
「アナ! もっと頑張れるだろう!」先生のゲキが飛んだ。
「もう無理です〜」アナが、音を上げた。
「ハッハハハハ」陸上部員が、笑った。
「義助、もっとだ。もっと上を目指せ。お前なら、パラリンピックに手が届く!」先生が、義助を鼓舞した。
「はい!」
 陸上部の練習は、いつもキツかった。しかし、陸上部員は、へこたれることなく、先生の指導を仰いだ。

 ある休日、先生が、陸上部の練習に、先生の妻と息子の優優を連れて来ていた。優優は、小学二年生だった。
「若いお母さん!」アナが、驚いた。
「どう見ても奥さんだろう」義助が、突っ込みを入れた。
「ハッハハハハ」
 先生が、妻と優優の前で、走り幅跳びの練習をして見せた。
 陸上部員が、それを見守った。
「先生って、本当にすごいね」アナが、惚れ惚れとした。

 翌週の日曜日、アナと義助が、先生と妻と一緒に優優の運動会の応援に行った。
「優優、頑張れ〜」アナが、大きな声援を送った。
「優優、頑張ってますね〜」義助が、微笑んだ。
「健気だろう」先生が、誇らしげに優優を見つめた。
「お父さん、やったよ!」優優は、徒競走で一位になった。
 その晩、先生の家で、鍋パーティーを開いた。
「パパは、左足がないの」優優が、臆面もなく言った。
「そうだぞ〜」先生が、明るく答えた。
 先生の家庭は、本当に明るく、障害を隠さず、オープンにしていた。
「センセーショナルでした」アナが、感想を漏らした。
 しかし、先生が、ふと深刻な顔をして、
「実は、優優……学校にいじめに遭ってね……お父さんは、片足だって……」
 と、語った。
「ひどい……」アナが、悲しんだ。
「だから、カッコいいところを見せたくてね」先生が、微笑んだ。
「心から応援します」アナとカズが、先生の家族を労った。
 鍋パーティーが終わって、妻が、車でアナと義助のお見送りをしてくれた。
「……実は、主人が義足なのは、幼い優優を事故から救ったからなんです」妻が、ぽつりと言った。
「え……!」アナが、驚いた。
「優優くんには……?」義助が、聞いた。
「伝えてないわ……この話は、主人と私、墓場まで持っていくつもりです」
「そ、そんな……」アナが、動揺した。
「ごめんね……アナちゃんと義助くんには、言わないといけない気がして……」妻が、少し涙目になった。

 先生の母は、体調を崩して、長らく病院に入院していた。
 ある日、先生が、アナと義助を連れて、お見舞いに行った。
「優優をなんとかしてあげたい」アナが、先生の母の前で、希望を述べた。
「それじゃ……僕の勇姿を優優に見せよう!」先生が、気合を入れた。
 先生が、東京パラリンピックへの出場を夢に描いた。

 2020/3/13:世界保健機関(WHO)が「パンデミック」を宣言  今年1月に中国・武漢で新型コロナウイルスを原因とする肺炎が流行。その脅威は欧米など世界各地に広がり、3月11日には世界保健機関(WHO)が「パンデミック」を宣言。WHOによれば、11日時点で感染者数は114カ国で11万8000人を超え、4291人が亡くなったという。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(組織委)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月24日からの開催期間の延期、または大会そのものが中止となった場合の対応について、内部で検討を始めたことが3月12日、関係者への取材で分かった。組織委が検討を開始したのは3月以降。もちろん組織委は表向きには、予定通りの大会開催を主張している。組織委の高橋治之理事が11日、米「ウォール・ストリート・ジャーナル」などの取材に、「最も現実的な選択肢は開催を1、2年延期すること」との見解を表明すると、すぐさま森喜朗会長が同日に記者会見。「今、方向や計画を変えることは全く考えていない」と火消しする騒ぎとなった。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も予定通り今夏の開催を主張している。組織委の関係者は検討内容の詳細について口をつぐむものの、通常開催以外で今後可能性がありそうなシナリオは、以下の4パターンに分けることができる。(1)無観客で予定通りの日程で開催、(2)今年の秋以降に延期、(3)2021年7月以降に延期、(4)大会そのものの中止ーーの四つである。

ダイヤモンドオンライン

 2020/3/30:#Tokyo2020の新開催日程を発表  オリンピック競技大会は2021年7月23日から8月8日まで開催されます。また、パラリンピック競技大会の新しい日程についても、2021年8月24日から9月5日まで開催されるということで合意しました。

東京2020組織委員会
 これにより、パラリンピックの予選も延期された。 「これじゃ、優優に走る姿を見せられない……」先生が、焦った。 「何とかならないの!」アナが、憤ったが、どうにもならなかった。


前へ  目次  次へ

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.